noir_neo’s blog

日記と偶にスマホゲームの感想と、重箱の隅をつつくようなUI/UX批評

なにをもって「良い」とするの?

「ネット断ち」のブログエントリを読んで、いつも考えていることを文章化しようと思った。ぼくはネット"依存症"(と呼びたい人がいるならそう呼べばいい)だけど、今のところは別にその状況を変えようとは思っていない。まだ若いし守るべきものもないからかもしれないけれど。

ここのところ毎晩日付を跨ぐ前には寝て、朝5時くらいには自然と目をさますような生活を送っている。おかげで毎朝のんびり布団を出てコーヒーを飲み、1限に出られている。今週は出席フルコンを決めたので、今晩はたくさん飲もうと思う。(※土曜日に書いた文章です)
一方で今週はPS3を起動していない。夕方には眠くなるので、学校に残って作業する気にもならず、まとまった作業時間も取れていない。
毎日学校へ通うのは良いことだ。それはおそらく間違いないけれど、ぼくにとって毎晩ゲームができないのは決して良い状態とは言えない。コーヒーや大量のアルコールは健康的にはあまり良いことではないかもしれないけど、それらを断った生活など想像もできない。

ちょっと別の話をする。
2週間くらい前の話だけど、母親から電話がかかってきて中学3年の弟のことで相談された。母曰く、弟は高校受験を控えながら成績も危ういにもかかわらず、遊び歩いていることが気に食わないらしく、「そんなんじゃ良い人生送れないよ」というような説教をしたのだと言う。
ぼくはムカついて捲し立ててしまった。「何をもって良い人生とするの?勉強して良い高校に入って、良い大学に入ることが必ずしも良いこと?そもそも何が良い高校?受験生がアニメイトに行くのは悪いこと?何をもって良い人生なのかをまずはっきりさせて」
残念ながら明瞭な答えは得られなかった。ので、弟にはフォローのLINEを入れた。

ところで、世の中には、己の信ずるところを人に押し付け、強制しようとする人たちもいる。
ぼくの理解できないのは、自分の信ずるところを他者にも信じさせるなどという、これほど責任の大きなことを、どうしてホイホイできるのかということ。

ネット断ちの話に戻ろう。己の信ずるところを広めようとするそのブログエントリは、とても素晴らしいと思う。
ぼくが、ぼくにとって良いと思っていることを広めようとはするが、押し付けることはできない。きっと、押し付けてあげたほうがその人のためになるだろうと思えても、しない。だって責任持てないもん。
これについては、最近良い手法を覚えた。どうしたいのか、どうありたいと思っているのかレベルから一緒に考えていく。その上でぼくが良いと思っていることが当てはまりそうなら提案する。このステップを踏むことが絶対に良いことだとは言えないけれど、少なくともこれで、ぼくが背負う責任は、ぼくの許容範囲に収まる。

弟の話で言えば、親と子の関係においては、押し付けなしには躾であるとか教育が成り立たないので、事情が違う。
だが中学生にもなった息子に、抽象的な「良い」をただ押し付ける母親はあまりにもお粗末だと思う。

ここまでで何が言いたいのかというと、やはり「何をもって良いとするのか」を共有するのが大事ということ。ある人にとって良いことが誰しもにとって良いことだとは限らないのを理解できない人はいないと思う。あなたにとって良いと思うことを誰かにも適用させることは、その誰かにとって良いことではなく、あなたにとって良いことでしかない。
受け手の立場としては、「信じる」「鵜呑みにする」のをやめろ、という話もあるが、こっちは今回の主題ではない。

親子でも、チーム開発でも、あるいは政治的な主張にしても、何をもって良いとするのか(誰にとってそうなのか)。その共有からスタートしないと、その後のいかなる議論もなんの意味もないものになる。

以上が本エントリの主張で、以降は蛇足です。

チームでのモノづくりにおいては、この「良い」に限らず、「美しい」とか「かわいい」とか「かっこいい」とか(美学の講義かな?)、こういうことばはちょっと危険だ。
そのためにどうするかというと、具体的な既存の作品を通してイメージのすり合わせをしていくのが一番早い。
これもまた誰かが書いてたのを思い出すのだけど、優秀なゲームデザイナー全員が全員、映画とか小説とかを膨大な量観たり読んだりしているわけではない、という。でもこの映画とか小説あるいはゲームは、引き出しを増やすということよりも、ボキャブラリーを増やすことに意味があるんだと思う。だから、たくさん観ていたほうが「よい」。共通言語と呼んでいる。

と言いながらも、ぼくは2時間座って映画を黙って観るという習慣をつけないまま育ってしまったので、何かを観たいと思ってもTSUTAYAに寄るとかしない。劇場公開中で観たいと思ったものも、気づいたら終わっていて、気づいたらレンタルが始まっているが、結局観ないまま忘れ去る。
それでいて家ではボーッとTwitterを眺めていたり、きんいろモザイクを5回も6回も観ていたりするわけだから救いがない。

今日は朝から、maku693が置いていってくれた Interstellar を観た。最高だった。